燻製迷人の燻製おつまみ#3 自家製ベーコン(燻製編)

   |  | 0
LINEで送る
Pocket
Share on FriendFeed

本日は簡単レシピの第4弾、自家製ベーコン燻製編です。

【道具】

・スノーピークのコンパクトスモーカー

・さくらのチップ

・ピチットシート

1.燻製する前日に、仕込み編で味噌を塗った豚バラブロックの味噌を洗い流します。

2.洗い流した豚バラブロックを水に漬け、1時間程度塩抜きします。

1時間後、味見のため端っこを切ってレンジで温めて味見します。塩辛ければ再度水に漬け、15分ずつ味見をして好みの塩加減になるまで繰り返します。

3.ここで秘密兵器のピチットシート登場。水を拭きとった豚バラ肉をピチっとシートで包みます。

燻製はちみつベーコン(脱水)1

燻製はちみつベーコン(脱水)2

ピチットシートで包んでより密着させるために輪ゴムで縛ります。

このピチットシート、包んだ食品の水分を浸透圧で脱水する不思議なシート。時間短縮にもなる、燻製には欠かせない強力なツールです。

これを燻製する前の日の夜に包んでおきます。

燻製はちみつベーコン(脱水)4

一晩経つとこの通り。水分が抜けて雰囲気がガラっと変わります。

4.スモーカーをセットして燻製。

いつもはサーモスの「イージースモーカー」を使っていますが、ベーコンサイズになると入らないので、スノーピークの「コンパクトスモーカー」を使用。

燻製はちみつベーコン(燻製)2

スモーカーをセットして、さくらのチップで45分~60分ほど燻製。

燻製はちみつベーコン(燻製)5

60分後スモーカーから取り出すと、こんがり色付いた豚バラがいい香りを纏って登場。

自家製ベーコン完成です。

ノーマルベーコンがいい人は、味噌とはちみつを塗る作業を飛ばしてもらえれば普通のベーコンができます。

シンプルにカリカリに焼くだけでもいいし、このベーコンを使ってアヒージョなど作ってもいい。

ちょっと手間はかかるけど、一度味わえば市販品とはまったく違う手作りの価値がきっと分かるはず。スモーカーが無い人は中華鍋でも十分できるので、ぜひ1度挑戦してもらいたいと思います。

ただ生肉を扱ってるので念のため自己責任でお願いします。

LINEで送る
Pocket
Share on FriendFeed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です